fx24時間対応業者比較ラボ

初心者のためのfx比較

初心者は確実性の高い「順張り」でFXの経験値を増やす

初心者は確実性の高い「順張り」でFXの経験値を増やす

FXの投資手法で「順張り」「逆張り」というものがあります。今回は初心者に向いている確実性の高い「順張り」について解説します。

「順張り」はトレンドに逆らわないでのっかる取引手法

「順張り」とは、相場にトレンドが発生したとき、そのまま値動きが伸びることを信じてエントリーするFX取引手法のことをいいます。複数のテク二カル指標で買いサインが出現すると同時に、値動きも力強く伸びはじめている場合に、そのままトレンドどおりに伸び続けると信じて買い注文を出すのが「順張り」の買い注文といえるでしょう。

「順張り」の方が「逆張り」よりも確実性が高い

トレンドの動きが反転することを予想しエントリーをする「逆張り」よりも、順張りの方が成功率が高いとされています。FXの初心者であれば、最初にやるべきことが順張りでのエントリーです。相場のトレンドは、テクニカル指標などのサインや経済指標の発表の後、相場に明確に現れます。上方か下方いずれかの方向にはっきりと動きだしてからポジションを持っても十分に間に合うケースも多いのです。

その一方逆張りの場合は、トレンドが反転する瞬間を見極めなければなりません。これはトレンドを熟知した玄人でないと成功率が低いと言えるでしょう。

「順張り」は「頭と尻尾はくれてやれ」

株式投資の世界では、「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があります。順張りをするときには、上昇を確認してから買いを入れるため、上昇しはじめの「頭」は利益になりません。逆に最後のトレンドが反転するギリギリを見極めないと「尻尾」の利益は出せないのですが、「尻尾」が見極められるぐらいであれば、「逆張り」をした方が利益はあげやすいのです。「尻尾」を見極めるのは非常に難しいので、ほどほどのところで利益を確定させなさいということです。

初心者の場合は、この順張りを中心に「頭と尻尾はくれてやれ」という考え方で経験値を積むのが良いでしょう。

FX初心者講座