fx24時間対応業者比較ラボ

初心者のためのfx比較

FX取引の注文方法「逆指値注文」

FX取引の注文方法「逆指値注文」

FX取引の注文方法の中でも主に利用される方法の中に「逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)」と言われるものがあります。ここでは「逆指値注文」について解説します。

FX取引の注文方法「逆指値注文」とは

逆指値注文は、ロスカットのための注文方法です。指値注文が「今のレートよりも安く買う、今のレートよりも高く売る」ための注文方法だったのに対して、逆指値注文は、「今のレートよりも高く買う、今のレートよりも安く売る」ための注文方法であるため、まさに「逆」なのです。

「なんで今のレートよりも高く買う必要があるの?」と思わなかったでしょうか?通常の取引であれば安く買いたいならわかるけど、高く買いたいってどういうこと?と感じるでしょう。これは例を挙げて説明しないと難しいものなのです。

例えば、円安になることを想定し、米ドル/日本円の通貨ペアで1米ドル=100円の時に米ドルを購入した人がいたとして、逆に円高になって1米ドル=90円になって損をしてしまうケースがあります。しかし、1米ドル=100円の購入時に仮に1米ドルが95円になったら売ってしまうという逆指値注文をしておけば、損失はロスカットによって半分で済んだのです。

このロスカットをするための注文が逆指値注文なのです。これは損失をあらかじめ限定することができるとともに、利益をあらかじめ確定することもできる注文方法です。

FX取引の注文方法「逆指値注文」のメリット

  • 損失をあらかじめ限定することができる。
  • 利益をあらかじめ確定することができる。

FX取引の注文方法「逆指値注文」のデメリット

  • 損失をあらかじめ限定した場合に、逆指値注文をしなかったら、相場が元に戻っていた可能性があり、その時は損をしてしまう。
  • 利益をあらかじめ確定した場合も、指値注文をしなかったら、相場がさらに上昇していた可能性があり、その時は損をしてしまう。

FX初心者講座