fx24時間対応業者比較ラボ

初心者のためのfx比較

FXも納税が必要です

FXも納税が必要です

FX取引をする人口が増えるにつれて、脱税がニュースになることも多くなってきましたが、これはFXの納税方法がよく理解できていなかった。というケースがほとんどです。納税に関しては無防備な人が多いのですが、納税が必要なので注意して税金を納めましょう。

FXの納税で覚えておくべきこと

納税しなければならない場合

1月1日から12月31日までの間にFXで得た利益が20万円を超えた場合

納税額

利益に対する課税額一律「20%」(所得税15%、住民税5%)
※2013年からの復興特別所得税をいれると「20.315%」

申告方法

確定申告の方法
  • 税務署で用紙をもらって、手書きで記入して、持参か郵送する
  • 国税庁のサイトから用紙を印刷して、手書きで記入して、持参か郵送する
  • 国税庁のサイトのフォーマットにデータを入力して印刷し、持参か郵送する
  • 「e-tax」というシステムを利用して、オンラインで申告する
損失を3年間は繰り越すことができる

FXでの損益と、他の金融取引(商品先物・バイナリーオプション・CFDなど) の損益を通算することができます(株式は損益通算できない)。さらに3年間の損失繰越控除が可能なので、大きく損失を出した年の翌年に利益を出した場合、課税額が大幅に控除されます。ただし、毎年きちんと確定申告をしていないと適用されないため、注意が必要です。損失が出てしまった年も確定申告しておく必要があります。

FX初心者講座