fx24時間対応業者比較ラボ

初心者のためのfx比較

FX取引のリスクを知ろう

FX取引のリスクを知ろう

FX取引は、預金などとは違い、元本割れを起こすリスクがある投資です。もちろん、だからこそ得られるリターンもありますが、FX取引の前には存在するリスクを正確に知ることが必要です。特に初心者の方はこのリスクを理解してからFX取引を行いましょう。

為替変動リスクは一番リスクが大きい

預金や定期預金などとは違って、FXは元本割れを起こす可能性があります。為替の変動によって大きな利益を得ることもあれば、大きな損失を被ることもあるのです。

FX取引のメリットでもある少額でも大きな金額の取引ができるレバレッジ取引を行えば、レバレッジの倍率に比例して利益と損失は大きくなり、負けたときの損失が増加していますのです。短時間で急激な値動きが発生すると、狙った金額で約定できないリスクもあるのです。これをスリップページと呼びます。為替変動リスクは、FX取引に存在するリスクの最大のものであることを理解しましょう。

為替変動リスクを下げるために多くのFX業者が「強制ロスカット」という損失が膨らみ証拠金維持率が一定のラインを下回った場合に、FX業者が強制的にポジションを決済する機能を用意しています。強制ロスカット機能はFX取引のトレーダーの意思とは関係なく損切りが行われるため、取引前に確認しておくことが必要です。

FX会社のシステムトラブルのリスクもある

FXでは取引ツールとしてパソコンや携帯電話、あるいはスマートフォンを使用するのが主流です。しかし、取引中の停電発生やインターネット回線、サーバーダウンなど、システムの不具合により損失が生じる可能性があります。

スワップポイントの変動リスク

各通貨間の「金利差」によって発生する「スワップポイント」も、金利が変動すると当然ながら変動します。スワップポイント狙いの運用の場合は外貨の金利変動にも注意する必要があるのです。ただし、為替変動に比べてリスクの影響は少ないと言えるでしょう。

約定ができないリスク

市場の注文が売りや買いのどちらかに集中してしまうと、FX会社への注文が約定(確定)できなくなるリスクがあります。狙ったとおりの価格で約定できな可能性があるのです。これの約定力はFX会社によって異なるため、FX会社選びの段階でも意識しとく必要があります。

FX初心者講座