fx24時間対応業者比較ラボ

初心者のためのfx比較

「豪ドル/日本円」スワップ狙いの資源国

「豪ドル/日本円」スワップ狙いの資源国

世界屈指の資源国であるオーストラリアの豪ドル。石油・石炭・天然ガス、鉄鉱石、アルミニウム、金、銅、ウランなどの輸出大国として注目を集めています。また、広大な国土を持つため、農産物や牛肉などの第一次産物の輸出も基幹産業の一つになっています。過去5年間のGDP成長率は平均4%にもなり、先進国の高水準を維持しているのです。

貿易相手国は日本や中国が中心で、貿易量の順調な伸びが今後も期待されています。また日本にとっても鉄鉱石や小麦、牛肉などの輸入国として重要なパートナーとなっています。APEC(アジア太平洋経済協力)加盟後は、オーストラリアの経済成長も伸び、雇用創出と収益確保が引き続き期待されているのです。

豪ドルはスワップポイント狙いのFX取引トレーダーに人気

豪ドルは、先進国の通貨の中では群を抜いて高金利を実現している通貨でもあります。外貨預金でも5%前後の年率で利息が貯まる希少な通貨と言えるでしょう。2010年には取引量は5位まで上昇してきているのです。

実際に、オーストラリア以上にスワップポイントが高い、金利が高いくには南アフリカなどがあるのですが、経済状態が安定している先進国ではオーストラリア以外に選択肢がないと行っても過言ではいぐらいです。

新興国の経済状況と連動して為替レートが動く

オーストラリア経済は、新興国の経済と深く結び付いています。特に中国には資源のほか、農産物の輸出も大規模に行われています。中国の経済が伸び悩んだり、急激な金融引き締めなどを行えば、オーストラリア経済に直接影響を与えるといわれています。そして現在、中国のバブル景気減速を示す経済指標が相次いで発表される中、2013年に入り中国政策当局が景気刺激策を実施する見通しが高まってます。景気刺激策を講じる手はずになれば、豪ドルも高値を維持できる水準まで回復する見通しです。

また、オーストラリアは外貨準備高が少ないことでも知られており、この点でも貿易相手国の経済状況が影響しやすい原因といえます。

金の値段や同価格、農作物の相場など、資源の取引価格と連動する

オーストラリアは、世界第3位の金産出国です。豪ドルは、や銅の価格と連動するケースもあります。さらに農業も盛んですので、農作物の相場も豪ドルの分析には役に立つでしょう。

FX初心者講座